-

週刊誌の宣伝、タブロイド紙、繁華街に配布された宣伝チラシやDMなどで、「多重借金の整理します」「借金を統合しましょう」などの広告を閲覧することがありますよね。それらは、「整理人」「買取人」「紹介業者」という通称の悪徳企業のおとり広告のケースもあるということです。これらを利用したケースでは自己破産プロセスの中で最も大切な免責許可を受けられない危険性もありえます。「整理屋」の場合広告などで負債者を呼び出し、すさまじい費用をもらって債務整頓をしますが実際のところ整理はなされず、負債人はもっと負債地獄にはまってしまう失敗が9割方と予想されます。「買取屋」というのは、債務人のクレジットカードで、家電、何らかの券を注文させて債務人からそれらの品々を買った値段の2割や額面半値で引き取るという手法です。当人は瞬間的には現金が懐に入りますが、少しすればクレジット会社による購入物の全額の催促がきて、実際のところ借金をアップさせる結果となります。このケースではクレジット会社への詐欺ということになって免責許諾をもらえません。「つなぎ業者」とはサラ金から借りられなくなった負債者に業者としては提供はしないでおいて、資金提供を可能である他の会社を呼び出し、高すぎる紹介料を受け取る悪徳業者です。紹介業者は自分の手続きで融通してもらったというように話しますが特に何もせずシンプルに規程の甘めの会社を把握しているだけなのです。実際のところ負債を重ねることになります。

Category

リンク