-

FX取引の経験の浅い方がマーケットの勘所を理解するにはまず最初に実戦を積み重ねていく事が不可欠です。とりわけ、先に危機を察知できるようになるにはポカを重ねる事も大切です。もちろん、ミスをするといっても元に戻せないほど致命的な過ちをしてはいけません。取り戻せるほどの損を何度か実績を積む事が、最後に自分の経験値を高めてくれるはずだ。こう考えると初めは少額資金で取引を行い、これでいくつかちょっとした失敗をすることが重要です。一例として、100万円だけしか投資する余裕が無い方がよく考えずに少しも残さないでつぎ込んで売買すると、負けた時、金輪際立ち上がれなくなってしまう恐れがある。それならば、たとえば10%ずつ分割して注文してここでマイナスやプラスを積み重ねた方が次第に間違いを対応する術なども習得するはずです。はじめに少ない額で投資することの有益なところは、先に書いたように自らの経験値を高め、負けを減らす方策を覚える事にありますが同時に、売買の回数を積み重ねる事でリスクを少なくできるというメリットもある。例として、1回あたりの注文で勝てる可能性が5割だとしよう。この場合、同じく5割の確率でマイナスになるリスクもあるということになります。勝率50%ということは2回に1回の割合で利益が上げられる事を言い表しています。ところが、全部の資金を使って1回だけの仕掛けをするということは100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまいます。そのままではただの賭博と同じです。それは全てを投資して1度しか売買しないとこれでは損する危険性が高まってしまいます。これを回避するために、資金を1回に全部賭けるのではなく、いくつかに分割して投資経験を重ねる事がリスク管理となります。同時に何回かに分けたとしても全ての注文で稼ぐ事は必須ではありません。むしろ、勝てないのが現実だ。トレードで大切なのは勝つ確率ではなく、いくら稼ぐかです。勝半5割でも、仮に勝率3割でも儲かる時は儲かります。7割負けても損が少しであれば、わずかな勝利のプラスで十分儲ける事が出来ます。そのために大切な事は損を少なく、利益を大きくを気をつけておくことです。損益が出たら直ちに損切りして稼げる時はなるべく大きくプラスにする事が外為初心者が為替で利益を上げる方法です。

Category

リンク