-

免責不許可事由という言葉は自己破産手続きの申立人に対しこのようなリストに該当する人は免除を認めませんという基準を示したものです。お勧め安眠枕

つまり、極言すると弁済が全然できないような人でもその要件に含まれる場合負債の免責が却下されることもあるという意味になります。コンブチャクレンズ

ですので自己破産手続きを申し立て借金の免責を是が非でも得たい方における、最終的な難関が「免責不許可事由」ということになるのです。全身脱毛 池袋

これらは主だった要因をリスト化したものです。女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

※浪費やギャンブルなどで、著しく金銭を費やしたり、膨大な債務を抱えたとき。リプロスキン

※破産財団に含まれる財産を隠匿したり毀損したり、貸方に損失となるように売り払ったとき。キュアリスシャンプー

※破産財団の金額を偽って水増ししたとき。

※自己破産の責任を負うのにそうした債権を持つものになんらかの利得を与える意図で資本を譲渡したり弁済期の前に債務を支払った場合。

※すでに返せない状態にもかかわらず、現状を偽り債権を有する者を信じさせて続けて借金を借り入れたり、クレジット等を使用して換金可能なものを購入したとき。

※虚偽による債権者の名簿を裁判に提出した場合。

※返済の免責の申し立ての前7年以内に債務免除をもらっていた場合。

※破産法が要求している破産申請者に義務付けられた内容に違反した場合。

以上ポイントに該当しないことが要件ですが、この概要だけで詳しい実例を想像するには、十分な経験に基づく知識がないようなら困難でしょう。

それに加え、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と書かれていることからも分かるとおり、ギャンブルなどはただ具体的な例のひとつにすぎず、それ以外にも具体例として書いていないことがたくさんあるというわけです。

ケースとして書かれていないものは一個一個例を指定していくと限度がなくなり実際例として挙げられなくなるようなときや判例として出された裁判の判決によるものが含まれるため個々の申告がこの事由に該当するのかは普通の人には通常には判断できないことの方が多いです。

しかしながら、まさか免責不許可事由に当たるとは夢にも思わなかったような場合でも不許可の判定が一回出されてしまえば、判断が変えられることはなく返済の責任が残ってしまうだけでなく破産者となるデメリットを背負うことになってしまうのです。

ということですので、悪夢を回避するために、破産手続きを検討する段階で憂慮している点や分からないところがある場合は、すぐに弁護士に連絡を取ってみて欲しいのです。

Category

リンク