-

融資を利用する場合は、活用するサービスの審査に申し込みをして、その審査を通る必要があります。76-10-2

となると、そのような審査では、利用者のどういった部分が判断されるでしょう。76-2-2

融資する会社は審査を申し受けると、まず最初、弊社の登録情報に申込みした方が既にエントリーされているかそうではないのか、ということを確認します。76-6-2

続いて、信用情報機関などに確認して、申込みした方のデータがあるか否かみます。76-4-2

次に、キャッシングサービスを受けようとしている方の年代や昔の利用履歴といったような、個人に関する情報の要素などからもみていくのです。76-3-2

総合して、融資を許可させるかどれだけのお金のキャッシングを許可するのか等を審査していきます。76-9-2

厳しい審査を通ることで、カードが渡され、キャッシングサービスを活用することが可能です。76-16-2

お金の借入れの手続きには、審査依頼者の個人に関する情報といえるもの全て晒すつもりで望む必要があります。76-17-2

自分はもとより家庭や勤め場所や、住居の状況等も審査の事項に書かなければなりません。76-8-2

お金の貸出し会社の審査基準では、そういう判定する項目のことを属性と呼ぶことがあります。76-5-2

属性の中でも、特別に重要視される属性があり、そこにひっかかった場合には、審査を通過する可能性は低くなってしまいます。

大事とされている属性とは、キャッシングの手続きをする人がどんな人間なのかとジャッジすることができるべきで、また確認がとれるものについては重要視される流れがあります。

中でも、所得レベルが知ることができる属性も重要とされます。

年収は重視されるだろうと思われる方も多いようですが、現実、月の収入は自己で申告ができるものなため、月収自体の立証が見れない限りは重要視されるものでないのです。

事実でない報告も可能な審査項目ですから、立証ができるものより重要とすることはないです。

さらに職業の面では、特に「離職率が低い」ものであれば、通りずらい審査にも関わらず有利になります。

学校の先生などの公務員がその一つの例で、それに続くものでは安定率の高いホワイトカラーと言われているサラリーマンなどとされます。

審査にマイナスとなってしまう業種はその逆で、「不安定な職種」です。

サービス業や、日雇いで働く方、自営や、芸能人なども、安定している職業と見られずらく、審査そのもの自体がパスしづらくなるはずです。

その他、住宅の面では、自分の家であるかどうなのかというポイントは無論重視されるのですが、それと一緒に、居住年数も非常に重要視することは贅沢なマンションを持っている否かよりは、どういった家であろうとも長期間住んでいるほうが、審査そのもの自体はプラスポイントになります。

長く住んでいることで、信用を持てると推測されるのです。

Category