-

今日は為替市場における根本的内容に関する話題です。

為替の市場とは「直接的にキャッシュの送金をすることなく資金授受の目的を達成するもの」を指します。

日常的に為替取引というのは大体国際為替の事を示す人が多いのです。

外国為替というのはお互いの国のマネーのやり取りを示します。

海外へ旅行(スペイン、タイ、)をした経験があれば、国際為替の体験をしたことがあります。

どこかの銀行にて他国の貨幣に取り替えしたのであれば、それこそが国際為替になると思います。

為替の市場といえば買いたいと思う人と売りたいと思う人の価格の相場を意味するものです。

銀行のやり取りの結果決定されます。

その銀行はマーケットメイカーと言われている指定の複数の銀行です。

為替のレートは様々な余波を受けて休まずに時間ごとに変動して行きます。

為替相場を変動させる引き金としては、ファンダメンタルズが考えられます。

ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済の基本とか様々な要因のことを言います。

その国における経済の拡大や物価の水準、金融緩和、国際収支統計、無就業者数、有力者の発言と言った事柄が絡み合って為替は変動して行くのです。

この中でも外国取引の収支と失業者数は大事と考えられます。

国際収支統計とは、日本でいえば財務省の委任で日銀が貿易統計を基にして書いた他国との任意の期間の取引を記載したものです。

これは行政機関や日本銀行のホームページ等で確認することができます。

労働者の統計・無臭業者数も肝心となることが多い項目であります。

ことにアメリカの労働者の統計は注目されます。

月に一回提示され、検証範囲が広いのがミソです。

為替のレートの推移は各国の経済の動きそのものです。

経済活動の動きを見極めることにより為替相場の変動見通しが可能になると言う結論です。

Category

リンク