-

クルマを売却するとき、また車両の処分の際も印鑑証明という書類がなければなりません。80-5-2

この印鑑証明というものについて解説していきます。80-10-2

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないことを裏付ける書類です。80-6-2

印鑑証明書がないのであれば使っている印鑑が実印であるかどうかがわかりません。80-19-2

大きなお金が動く取引になる該当する車の買取なので、必然的に実印が必要になることになりますが、それと同時にこの印鑑証明も登場します。80-7-2

印鑑証明書を実際に発行するためにはあらかじめ印鑑証明しなければなりません。80-9-2

印鑑証明書に登録する印は実印と呼ばれ、同じものが二つとない印鑑である必要があります。80-20-2

この印鑑を持ってお近くの役場の案内係に行くことで、印鑑登録をすることができます。80-14-2

印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードなるものがもらえて登録が完了した印鑑は実印として使えるようになったということになります。80-18-2

印鑑証明書を発行してもらうためには市町村役場の受付へ行き専用の用紙に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを持参するだけです。80-4-2

さらに自動交付機を使って発行する事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

ですからどれだけ前の印鑑証明だとしても効力は持続するということになります。

ただ、クルマ買い取りの際には必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。

通常は有効期限の定めはありませんが、車両の売却の際には、買取先が有効期限を決めているので、もしも愛車の買取の予定があるのであれば、はじめに持っておくとよいでしょう。

Category